体質的にダイエット成功してもリバウンドしやすい人の特徴

ダイエットは、食事制限などで摂取するカロリー量を減らせば誰でも成功します。
ただし、ダイエットを止めるとすぐにリバウンドしてしまう人も多く、全体の6割程度はいるそうです。
リバウンドの原因には、その人の遺伝的な体質や生活習慣などもありますが、ここでは性格やダイエット方法についてリバウンドしやすい人の特徴を探ってみます。

・諦めが早い人

摂取カロリー量を制限するようなダイエットをはじめますと、だれでも痩せてきます。
しかし、人の体に備わっている飢餓に対する防御機能によって、ある時期を迎えますとダイエット効果があらわれなくなります。
これは、しばらく我慢して続けていますと、再びダイエット効果が現れてきます。
しかし、諦めが早い人や辛抱ができない人の場合には、効果が現れなくなった段階でダイエットを止めてしまいますので、リバウンドしやすくなります。
このようなやり方では、何回ダイエットをしても同じ事の繰り返しですから、中々成功しません。
1日あるいは数日だけの食事制限による短期のダイエット法もあります。
ただ、この方法でも前後の準備と復帰に費やす期間をある程度長くとらないとダイエット効果が出にくくなります。
そして、この前後の期間をきちんと過ごす我慢ができない人はリバウンドしやすいといわれています。

・食事制限だけに頼る人

時間をかけてダイエットしたとしても、食事制限だけに頼ったやり方ではリバウンドしやすくなります。
何故なら、ダイエットした状態を保つためには、太りにくい体質に変えることも必要だからです。
食事制限だけで痩せても元の体質のままでしたら、リバウンドするのは目に見えています。
太りにくい体質に変える方法は、体の筋肉量を増やして(何もしなくても一定のカロリー量を体が消費する)基礎代謝を増やすことが推奨されています。
なにしろ、ただ痩せるだけでは不健康ですから、ダイエットをするのでしたら歩くだけでも良いですから、必ず運動を付け加えて筋力をつけるようにしたいものです。

Category

このページの最初に戻る