ダイエットに成功しても油断できない?リバウンドする理由とは

ダイエットに成功したと思ってもリバウンドしてしまう人が60、70パーセントいるそうです。
何故リバウンドしてしまうのか、その主な理由を探ってみましょう。

・苦痛から開放されることでリバウンドする

ダイエットをするには、摂取するカロリーを体が消費するカロリーより少なくするのが常道です。
これには、食事の量を減らすのが簡単ですが、いつも食べている量を急に減らしますと空腹感に悩まされます。
それが、しばらく続くと苦痛になってきますが、ダイエットの効果があれば我慢もできます。
しかし、このような食事制限をしていますと、それに体が反応してダイエット効果がみられなくなるいわゆる停滞期間に入っていきます。
ここで、ダイエットを諦めてしまいますと、低カロリー食に慣れた体で高カロリー食を摂ることになりますので、あっという間にリバウンドしてしまいます。
特に、食事の量を減らしていて苦痛を感じていますと、以前の食事より多く摂取してしまいがちですから、下手をしますと以前より太ってしまうこともあります。
上記のように食事を減らすダイエットはリバウンドしやすいですから、食事の量は減らさずに摂取カロリーを少なくできる野菜やタンパク質の多いメニューに変えるのもひとつのやり方です。

・運動を軽視している

ダイエットには、摂取するカロリーを減らすだけでなく体が消費するカロリーを多くすることも大切です。
それには、普段の運動と、それに伴う筋力の強化が重要です。
何故かといいますと、運動は、それ自体がカロリーを消費しますし、体の筋肉は多ければ多いだけ代謝で消費するカロリーが増えるからです。
ダイエットをするのでしたら、食事の改善だけでなく、脂肪を減らせる有酸素運動や筋肉を増やすためのトレーニングも同時に行うと、体自体が太りにくい体質に変わってきます。
もし、食事制限だけして、元のままの太る体質で体重だけ減ったとしても、食事を元に戻すとリバウンドするのは目に見えています。

Category

このページの最初に戻る