短期間のファスティングダイエットでリバウンドしないコツとは

ファスティングとは断食のことで、短期のファスティングダイエットは、1日から数日断食してダイエットすることをいいます。
ただ、断食といっても水以外に全く何も口に入れないやり方よりは、酵素ドリンクや野菜ジュースなどで栄養補給するやり方の方が一般的です。
ファスティングダイエットは、いきなり断食をするのではなく、準備期間と復帰期間を設けるのが一般的ですが、復帰期間の食事を適切にしないとリバウンドしやすくなります。

・ファスティングダイエット

ファスティングダイエットを行うには、準備期間として断食期間と同じか2倍程度の準備期間を設けます。
準備期間中は、脂分等の多い重い食事を避けて、これから行う断食に備えて胃腸を慣らします。
断食中は、食事の代わりに酵素ドリンクなどを摂取するのが普通です。
こうすることで、空腹感を軽くすることができて、なおかつ健康上の問題も少なくなります。
そして、断食期間が終わりますと、復帰するための期間に入ります。
ここを、しっかりするかしないかでリバウンドするかしないか決まります。

・復帰期間の食事

断食が終わった後の最初の食事は、胃腸への負担を軽くするようなメニューにします。
普通はおかゆなどの消化の良いものをゆっくり食べるようにします。
絶対やってはいけないのが、いきなり普段の食事と同じものを口にすることです。
これは、胃腸によくありませんので、腹痛や下痢などになることも珍しくありません。
胃腸が食事に慣れてくると共に少しずつ重い食事に変えていくのですが、特に味付けに注意します。
濃い味のものは、どうしてもたくさん食べてしまいがちになりますので、なるべく薄味にしたままの食事で復帰期間を過ごすことです。
そして、砂糖などの糖分も控え目にするのがリバウンドを防ぐコツです。
復帰期間が終わった後も薄味や糖分控え目の食事にしますと、ダイエット効果が長続きします。
もし、何らかの理由でカロリーを摂り過ぎた時には、その後の食事を低カロリーのものにして、全体としてバランスをとりますとリバウンドを防げます。

Category

このページの最初に戻る